【完全許可制時代の派遣実務と同一賃金法】派遣法⑧ 雇用安定とキャリアアップ/岡村 光男

2016.03.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

指揮者の発言に注意を 直接雇用巡る紛争回避へ

3年間派遣なら義務に

 平成27年9月に施行された改正派遣法において、大きな柱となっているのが、派遣労働者の「雇用安定」と「キャリアアップ」のための制度が創設されたという点である。これらの制度の多くは、直接的には派遣元事業主にかかわる点が多いが、派遣先にとっても重要な点を含んでおり、内容を十分に理解しておくことが必要である。…

筆者:安西法律事務所 弁護士 岡村 光男

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月7日第3055号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ