【年頭所感】個人の可能性後押し 雇用と所得拡大する国へ/厚生労働大臣 田村 憲久

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

厚生労働大臣 田村 憲久

 第一に、東日本大震災からの復旧・復興を加速させなければなりません。

 被災地・被災者への雇用対策については、農林水産業など被災地の強みを活かした雇用創出や、ハローワークでのきめ細かな就職支援により、万全を期していきます。

 わが国の雇用失業情勢は依然として厳しく、また、非正規雇用の労働者は雇用者全体の3分の1を超える状況にあります。

 「経済再生なくして、日本の将来なし」との危機感を共有しつつ、政府一丸となって経済再生に資する施策を遂行していく中で、厚生労働省としても、厳しい雇用情勢の改善に全力で取り組むとともに、「個人の可能性が最大限発揮され、雇用と所得が拡大する国」をめざした取組みを進めます。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月21日第2905号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ