【先取り解説 マイナンバー制度】最終回 監督義務伴う外部委託

2015.03.16 【労働新聞】

 事業者は、取得する個人番号の利用目的をできる限り特定し、情報ファイルを作成するときも、その関連業務に限定した内容としなければならない。

 特定個人情報は、社会保障・税務関連等の事務のため、行政機関等に提供する場合を除き、第三者に提供することは禁じられている。出向等により同一グループ企業内で従業員が在籍先を変更する際も、「提供」に当たると解されている。親会社・子会社間等で個人番号の受け渡しはできず、出向先が改めて本人から情報の提供を受ける必要がある。…

筆者:労働新聞編集部

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年3月16日第3009号7面

あわせて読みたい

ページトップ