【先取り解説 マイナンバー制度】第2回 民間事業者の位置付け

2015.03.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 民間事業者は、従業員等の社会保障・税関係の手続を担当する。原則としてパートやアルバイトも含めた全従業員が対象となる。また、外部の人に講演・原稿執筆等を依頼する際も、源泉徴収等を行う。民間事業者は、番号法上どのように位置付けられるのだろうか。

漏えい防止対策義務も

 既存の個人情報保護法では、「個人情報」を「当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」と定義している。

 これに対し、番号法に基づく「個人番号」をその内容に含む個人情報を「特定個人情報」と呼んで区別し(番号法2条8項)、より厳格な保護を求めている。…

筆者:労働新聞編集部

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月2日第3007号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ