【転機迎える賃上げ管理】第18回 賞与は業績で変動を/河合 克彦

2015.05.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 年俸制と月給+賞与制のどちらが良いか検討したい。

 管理職の賃金を年俸制にしている企業は多い。筆者もコンサルティングをしていると管理職は年俸制にしたいという経営者が多い。その本音は賃金を引き下げることができるところにあるように思われる。

 確かに、月給+賞与制の月給を下げるのは難しいのであるが、次のようなメリットがあるので月給+賞与制を勧めている。ここで年俸とはプロ野球選手のような年俸制をイメージしていただきたい。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月18日第3017号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ