【転機迎える賃上げ管理】第32回 黒字の時は傾向線で/河合 克彦

2015.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 第2法は、グラフの縦軸に人件費、横軸に付加価値をとり、過去5カ年間の付加価値と人件費をプロットする。それを最小二乗法で傾向線を求め、この傾向線を適正労働分配率線とするやり方である()。これを前回と同じ会社のデータ()を使って行うと次の一次方程式が導かれる。

 y=0.7703χ―45683千円

 (y=人件費、χ=付加価値)…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月7日第3031号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ