【転機迎える賃上げ管理】第22回 依然残る積み上げ型/河合 克彦

2015.06.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 政労使会議で発表された、本田技研工業等の管理職の定昇なし、役割・成果に基づく水準管理の賃金制度は、先進的であるがまだそれほど普及していない。多くは賃金表に基づく積み上げ型(定昇方式)を採用している。

 とくに国家公務員や地方公務員、それに関係する外郭団体は賃金表に基づく積み上げ型(定昇方式)で賃金を決めている。公務員が天下っている組織、さらに社会福祉法人や学校法人などの多くもだいたい公務員に準じた賃金表を使っていると思われる。両者を合わせると、わが国の労働者の相当部分が該当するのではないだろうか。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年6月15日第3021号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ