【転機迎える賃上げ管理】第45回 付加価値を基に配分/河合 克彦

2015.12.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「稼ぎ高」はどのように考え、算定すれば良いのであろうか。稼ぎ高を算定するのは難しいが、大体は次のような手順で計算する。

 まず、会社全体の稼ぎ高を捉える必要がある。それに当たるのが、企業が新たに生み出した価値を指す付加価値だ。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月14日第3044号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ