【転機迎える賃上げ管理】最終回 成果に基づく管理へ/河合 克彦

2015.12.28 【労働新聞】

 本連載をまとめると次のとおりになる。

 (1)賃金は初任給に代表されるように社会性がある。とくに初任給は社会相場が形成されていて一企業の力で変えるのは難しく、受け入れざるを得ない。

 (2)公務員と民間の賃金は双方影響し合う関係にある。公務員は人事院勧告で民間から、民間は公務員の賃金表・賃金カーブから影響を受ける。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年12月28日第3046号5面

あわせて読みたい

ページトップ