【転機迎える賃上げ管理】第2回 毎年の昇給に疑問を/河合 克彦

2015.01.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 毎年、春になると当たり前のように昇給を行っている。春闘が恒例行事になっている。放っておけば人件費はドンドン膨らんでくる。その要因は毎年春の全社員に及ぶ一斉昇給にある。基本給の昇給は基本給だけにとどまらない。基本給の昇給は、賞与、退職金、法定福利費、時間外手当にも跳ね返ってくる。昇給さえなければ、楽なのだが――という経営者の嘆息が聞こえてくる。

 一方、働いている者にとっては、昇給は喜びや希望となる。毎年給料が上がり、生活も向上し、将来の生活設計も開けてくる。住宅ローンが可能であるのは、安定し毎年増えるという賃金システムに負うところが大きい。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月19日第3001号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ