【データバンク室】「労働時間法制の今後の検討について」ほか

2014.10.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「労働時間法制の今後の検討について」(厚生労働省・A4判・43頁)

第117回労働政策審議会労働条件分科会資料。裁量労働制の見直し項目(対象者の拡大)とフレックスタイム制の見直し項目(清算期間の延長)を明らかにした。

「労働時間法制の今後の検討について」


「キャリアパスポート(仮称)構想研究会における中間取りまとめ」(厚生労働省・A4判・22頁)

上記研究会が中間とりまとめを明らかにした。現行のジョブ・カードを大幅に拡充し生涯にわたるキャリア・プランニングのツールとして活用を図る。

「キャリアパスポート(仮称)構想研究会における中間取りまとめ」


「技能実習生の行方不明者発生防止対策について」(国際研修協力機構・A4判・11頁)

JITCOが監理団体・実習実施機関からの報告を元に毎年集計している資料。技能実習生の行方不明者数等を調査し、行方不明者の発生を防止するための対策案も示している。

「技能実習生の行方不明者発生防止対策について」


「2014年度経団連規制改革要望(概要)」(経団連・A4判・7頁)

会員企業・団体から寄せられた意見をもとに12分野173項目の個別要望をまとめた。雇用・労働関係では、労働基準監督行政の統一的運用強化や判例の整理・予見可能性の向上などについて要請している。

「2014年度経団連規制改革要望(概要)」

ジャンル:
平成26年10月27日第2990号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ