【データバンク室】「『労働災害のない職場づくりに向けた緊急対策』を実施~業界団体などに緊急要請~」ほか

2014.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「『労働災害のない職場づくりに向けた緊急対策』を実施~業界団体などに緊急要請~」(厚労省・A4判・6頁)

平成26年上半期の労災死亡者数が大幅に増加したことを受け、業界団体への指導や安全パトロールなどの対策実施を発表し、総点検を要請した。

「『労働災害のない職場づくりに向けた緊急対策』を実施~業界団体などに緊急要請~」


「職業能力開発の今後の在り方に関する研究会中間取りまとめ(案)」(厚労省・A4判・10頁)

「外部労働市場でも活用可能な職業能力評価制度の整備」、「個人主導型のキャリア形成支援」、「産業界のニーズを踏まえた職業訓練の推進」の3つを重点とする考えを示した。

「職業能力開発の今後の在り方に関する研究会中間取りまとめ(案)」


「『キャリア・コンサルタント養成計画』の策定について」(厚労省・A4判・3頁)

各都道府県知事宛て厚生労働省職業能力開発局長通達。キャリア・コンサルタントを平成36年度末までに10万人に増加させる具体的な数値目標を打ち出している。

※リンク切れ


「衛生管理者のメンタルヘルス活動についてのアンケート調査結果」(中央労働災害防止協会・A4判・5頁)

昨年7~12月に全国衛生管理者協議会が実施し、704事業場が回答。メンタルヘルス活動の主流は「時間外労働の削減」で91.2%が取り組んでいる。

※リンク切れ

ジャンル:
平成26年8月25日第2982号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ