【データバンク室】「平成25年度脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」ほか

2014.07.14 【労働新聞】

「平成25年度脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」(厚生労働省・A4判・25頁)

脳・心臓疾患の請求件数、支給決定件数はともに減少した。これに対し、精神障害は、労災請求件数が1409件で過去最多となった一方、支給決定件数は436件で4年ぶりに減少。

「平成25年度脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」


「改訂版成長戦略(素案)(厚生労働省関係概要)」(厚生労働省・A4判・5頁)

政府がまとめた「改訂版・成長戦略」の厚生労働省関係の改革案の概要。労働時間と賃金がリンクしない「新たな労働時間制度」の創設、裁量労働制の適用拡大などを盛り込んでいる。

※リンク切れ


「平成25年度メンタルヘルス対策自主点検結果」(東京労働局・A4判・6頁)

都内所在の労働者300人以上の事業場を対象に実施した。メンタルヘルス不調を理由とした休業者がいる事業場は78.6%。メンタルヘルス推進担当者の選任は67.0%にとどまる。

※リンク切れ


「公共事業労務費調査(平成25年10月調査)における社会保険加入状況調査結果」(国土交通省・A4判・14頁)

農水省および国交省が実施した公共工事に従事する建設企業・労働者の社会保険加入状況の概要。雇保・健保・厚年の3保険の加入企業割合は9割に。

「公共事業労務費調査(平成25年10月調査)における社会保険加入状況調査結果」

ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年7月14日第2976号10面

あわせて読みたい

ページトップ