【シートで実践 ゼロから取り組む人事考課】第1回 必要性と目的を周知する 同じ枠組みで全員を 要素・項目へ期待込める/金津 健治

2015.01.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

社長の一存が離職導く

(1)人事考課の必要性が問われる出来事

 A社は、従業員規模が100人に届かない運輸サービス業者で、主にチルド品の配送を手がけている。この10年、コンビニエンスストアの成長とともに、売上げを順調に伸ばしてきた。得意先からの評判も良い。しかし、なぜかドライバーも内勤職員も定着率が低かった。

 改善を図るため、外部機関に委託して診断をしてもらうと、すぐに原因が判明した。A社には人事考課制度がなく、賞与額、昇給額が社長個人の一存で決まっていたのである。…

筆者:産業能率大学経営管理研究所マネジメント研究センター 主席研究員 金津 健治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月12日第3000号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ