【データバンク室】「産業保健を支援する事業の在り方に関する検討会報告書の取りまとめ」ほか

2013.07.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「働きやすい・働きがいのある職場づくりプロジェクト」(厚生労働省・A4判・3頁)

 同省が、健康・環境など成長分野に進出する中小企業を対象に、魅力的な職場づくり支援を目的として開始した新プロジェクトの概要。労働環境向上助成金の創設、好事例集作成など。

※リンク切れ


「産業保健を支援する事業の在り方に関する検討会報告書の取りまとめ」(厚生労働省・A4判・24頁)

 現行の産業保健推進センター事業、地域産業保健事業、メンタルヘルス対策支援事業の3事業を一元化すべきとの提言をまとめた。

産業保健を支援する事業の在り方に関する検討会報告書の取りまとめ


「法曹養成制度の在り方に関する意見書」(経済同友会・A4判・5頁)

 政府が先ごろまとめた「法曹養成制度検討会議取りまとめ案」に対する「意見書」を公表した。司法試験合格者の年間目標3,000人を撤回しようとしていることに反対している。

法曹養成制度の在り方に関する意見書


「情報サービス産業におけるワークスタイル変革の実現に向けて」(情報サービス産業協会・A4判・51頁)

 企業競争力の強化と就労者の生活の質向上へ、ITを活用した時間と場所の制約のない働き方(ユビキタスワークスタイル)への転換を提言。

※リンク切れ

この連載を見る:
平成25年7月15日第2929号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ