【人事学望見】第986回 履歴書記載をめぐる問題 刑事事件の起訴段階は罰に非ず

2014.12.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

余計なことはいわないで…

 11月18日、香港の行政長官選挙に絡んだ学生のデモ活動では、バリケードの一部撤去が強行される動きがあった。英国から返還された際に約束した「自由選挙」を中国本土が認めず、選挙管理委員会が認めた者のみが立候補できるという制限選挙が続いている。

学生デモで職場の話題に

 「香港の学生デモに刺激されたのか、日本でも久し振りに学生運動が活字になったなあ」

 食堂に常備されている日刊紙を読みながら、こうつぶやいたのは定年退職後も十数年にわたって緑地管理を行っている佐藤一郎だった。温厚な人物で、後輩たちの面倒見がいいため、誰からも慕われている。

 紙面には、「11月2日に東京・銀座で行われたデモ行進の際に、京都大学の学生ら3人が機動隊員に暴行を加えたとされる公務執行妨害事件で、警視庁公安部は11月13日午後、関係先として京大の熊野寮を家宅捜索した」とあった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年12月8日第2996号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ