【登壇労組リーダー】国民生活支える精神で/岡田 啓

2014.12.22 【労働新聞】

 「UAゼンセン」結成から2年が経過し、”顔合わせ、心合わせ”を済ませ、いよいよ”力合わせ”をする段階になった。

 UAゼンセンを構成する仲間は、繊維、衣料、化学、医薬、流通小売、フード、飲食、ホテル、レジャー、サービス、金融、人材派遣、介護など、国民生活に密接に関わる産業が一つの組織に結集している。また、女性が6割を占め、パートタイマー、契約社員、派遣労働者として働いている仲間が5割という状況である。

 このように、UAゼンセンは人々が生活を営む上で身近で親しみやすく、また期待をされる産業が結集した組織であると自覚しているところである。…

筆者:UAゼンセン 東京都支部 岡田 啓

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年12月22日第2998号6面

あわせて読みたい

ページトップ