【登壇労組リーダー】生産性高め賃金向上へ/茨木 不尽彦

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ”国際労働組合”と名乗ってはいるが「インターナショナル」な労働組合ではない。東京・京都・大阪で、「km」マークの下、ハイヤー・タクシー・観光バス・路線バス事業を営む国際自動車㈱に働く乗務社員、ガイド・レディ、内勤職員約5000人で組織する「ローカル」だが、14の支部と3つの分会を持つ単位労働組合としては業界最大級の労働組合である。

 それぞれの職場は24時間・365日稼働し、シームレスな業務の中で起こる様ざまな問題に本部・支部合わせ142人が組合役員として取り組んでいる。…

筆者:国際労働組合 中央執行委員長 茨木 不尽彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月10日第2992号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ