【事例で知る労働審判制度の実情】第5回 業務上損害被ったと退職金不支給 不手際に賠償義務なし 規定下回る140万円で和解/菅 俊治

2013.02.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 業務上の不手際から340万円の損害を被ったとして、会社から半額の170万円の賠償を求められた営業社員が、今後の給与・賞与から天引きする旨の賠償契約書に署名した。その後、退職を申し入れると退職金との相殺を主張されたため、債務不存在確認と既払いの賠償金の返還を求めて労働審判を申し立てた。規定上の退職金170万円のところ、140万円を支払う内容の調停が成立した。…

筆者:東京法律事務所 弁護士 菅 俊治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月11日第2908号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ