【事例で知る労働審判制度の実情】第18回 退職申し出た社員が懲戒解雇に 審判主文で「無効確認」 調停至らず異例の言渡し/小川 英郎

2013.05.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 自ら退職を申し出た後に懲戒解雇された元社員が、その後、別の会社から内定をもらったものの、「懲戒解雇無効が公的に確認されたこと」を採用の条件とされたため、労働審判を申し立てた。労働審判委員会は、第1回期日で無効の心証を形成し、会社に金銭解決の検討を指示したが、調停には至らず、50万円の支払いとともに「懲戒解雇処分が無効であることを確認する」旨の審判を言い渡した。…

筆者:ウェール法律事務所 弁護士 小川 英郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月20日第2921号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ