【登壇労組リーダー】運行時間延長は安全最優先で/福田 智

2013.10.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京交通労働組合(東交)は、東京都交通局(都営地下鉄・都電・都営バス・日暮里舎人ライナー・発電事業)に働く職員で組織し、電車部・自動車部・技術部・事務部の4部門、39支部、約6600人で構成する。組織率はほぼ100%。創設は戦前で、戦後再建68年目を数える。また、今年6月に日本都市交通労働組合が自治労と産別統合したため、自治労の一員でもある。…

筆者:東京交通労働組合 書記長 福田 智

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年10月21日第2941号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ