【アジア進出企業の労務管理ガイド インド編】第9回 賃金および社会保障 低賃金労働者に配慮 賞与支給・年金分拠出など/谷 友輔

2013.12.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

割当可能剰余金を賞与に反映

 賃金および社会保障について、賃金の支払方法、最低賃金、賞与支払義務、各種基金の拠出等に関して以下のとおり規律されている。

 賃金に関し、工場、鉄道およびその他の産業施設では、月額賃金1万8000ルピー以下の従業員について「賃金支払法」が適用される(同法第1条第4項、第6項、2012年9月11日付労働雇用省通達)。…

筆者:曾我法律事務所 弁護士 谷 友輔

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月9日第2948号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ