【提言 これからの雇用・労働法制】第5回 賃金の引上げについて 政策受けて動向変化 経済界首脳も前向きに/小嶌 典明

2015.02.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

アベノミクスの効用

 「2014年の月例賃金の引上げ(定期昇給や賃金カーブ維持分、ベースアップ等)は、額と率(6788円、2.2%)ともに1999年(6733円、2.3%)以来の高い水準」となり、「昇給・ベアともに実施」した企業も「前年の9.5%から53.1%へと大幅に増加し、2001年以来13年ぶりに半数を超えた」。…

筆者:大阪大学大学院法学研究科 教授 小嶌 典明

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月9日第3004号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ