【ぶれい考】強行採決という暴挙に強く抗議/古賀 伸明

2015.08.17 【労働新聞】

 去る7月16日、政府・与党は衆議院本会議において安全保障関連法案を強行採決した。憲法および国の基本政策にかかわる重要課題であることから、本来であれば多くの国民がその内容を理解した上で、合意形成を図りながら進めるべきものだ。しかし、…

筆者:連合 会長 古賀 伸明

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年8月17日第3029号5面

あわせて読みたい

ページトップ