【ダイバーシティ経営 女性が活躍する組織へ】第10回 仕事通じて高まる意欲とスキル 男女同等に業務配分 性差でなく個人差重視/武石 恵美子

2015.03.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

採用後から職域偏在顕著に

 女性の活躍推進というと、わが社は男女平等を進めてきてもうやることはない、という経営者の方が少なからず存在する。特に女性比率が高いサービス業や小売業などでそうした傾向がみられる。しかしこれらの業種でも、女性の管理職比率は全体の女性比率に遠く及ばない企業がほとんどである。

 職場における男女格差は、…

筆者:法政大学キャリアデザイン学部 教授 武石 恵美子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月16日第3009号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ