【労使トラブル防ぐ実践的規定例】第17回 解雇 合理性と根拠が必要 具体的・網羅的に記載/土屋 信彦

2014.05.12 【労働新聞】

能力不足事由は慎重に整備

 労使トラブルのなかで最も多いものの一つが「解雇」でのトラブルである。

 解雇でのトラブル防止には、解雇自体の「合理性」の存在と、労働者を納得させるだけの明確な「根拠」の存在が重要となる。…

筆者:アイ社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士 土屋 信彦

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年5月12日第2968号10面

あわせて読みたい

ページトップ