【労使トラブル防ぐ実践的規定例】第17回 解雇 合理性と根拠が必要 具体的・網羅的に記載/土屋 信彦

2014.05.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

能力不足事由は慎重に整備

 労使トラブルのなかで最も多いものの一つが「解雇」でのトラブルである。

 解雇でのトラブル防止には、解雇自体の「合理性」の存在と、労働者を納得させるだけの明確な「根拠」の存在が重要となる。…

筆者:アイ社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士 土屋 信彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月12日第2968号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ