【ぶれい考】人員調整の「パレード」/野田 進

2013.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 最近、フランス労働法の文献を読んでいて、人員整理の「パレード」という表現に出くわして、言い得て妙な言葉だと感心してしまった。

 どこの国でも、事業のサイズ変更や繁閑に応じて、適合的な人員調整をすることは企業経営において不可欠である。しかし、フランスでは、労働者派遣の利用について、まずはその利用理由について「入口規制」がかかり、また労働契約の期間の長さが制限され(更新しても原則18カ月)、さらに派遣先の労働者との均等取扱い義務など、厳しい制約が課されている。…

筆者:九州大学大学院法学研究院 教授 野田 進

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年3月4日第2911号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ