【ぶれい考】上司の”タイプ”を理解する/古谷 治子

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 あなたが、組織人として企業や団体で働くことを選択したのならば、仕事をする際には常に組織を意識する必要がある。その場合、組織の規模は関係なく、例えば一人の上司と一人の部下でも、組織であることに違いはない。あなたが社長でない限り、あなたには必ず上司がいて、その上司の仕事の仕方・考え方・性格、場合によっては好き嫌いがあなたの仕事を大きく左右する。…

筆者:㈱マネジメントサポート 代表取締役社長 古谷 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月22日第2986号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ