【ぶれい考】メーデー/古賀 伸明

2012.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 世界的に、毎年5月1日は「メーデー」。働く者の団結を誓う“祭典”であるとともに、国際連帯の意義を確かめ合う場である。1886年5月1日、アメリカで8時間労働制を求めてストライキに立ち上がったのがメーデーのルーツで、その3年後にパリで開催された第2インターナショナル創立大会で、5月1日を労働運動の日として制定し、以降「メーデー」は国際社会に広がることとなった。

 日本では、1920年5月2日に東京・上野公園で第1回メーデーが開催され、労働条件の向上を訴えた。しかし、…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年5月21日第2873号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ