【ぶれい考】”倍返し”の未来/根岸 茂文

2013.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「半沢直樹」が全10回の放映を終了した。初回放送から視聴率は上昇を続け、最終回は平均40%台、瞬間最高が50%超と平成に入り最高を記録したそうである。私も約30年の銀行員生活を送った身であることから、自分の銀行員人生をダブらせながら、「少し誇張しすぎている」、「こんな悪い銀行員はいない」などと、家族に解説しながらも、ドラマの一場面、一場面を食い入るように見てしまった。また、半沢直樹が劇中で叫ぶ”倍返し”、既に今年の流行語大賞の最有力候補との声も挙がっている。…

筆者:埼玉県経営者協会 専務理事 根岸 茂文

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月14日第2940号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ