【ぶれい考】多様な人材の確保を支援/小林 治彦

2017.11.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 有効求人倍率がバブル期並みの水準になるなど人手不足感が深刻化している。

 人材の争奪戦が激しくなるなか、とくに中小企業では人手不足感が増しており、求人を出しても人員を充足できない状況となっている。日本商工会議所の今年7月の調査によると、約7割の企業で「人手不足の影響が出ている(懸念含む)」と回答。人手不足により、売上維持・売上増への対応が困難…

筆者:日本・東京商工会議所 産業政策第二部長 小林 治彦

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年11月6日第3135号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ