【ぶれい考】核兵器廃絶1000万署名/古賀 伸明

2014.09.15 【労働新聞】

 21万人余の尊い命が奪われた広島・長崎への原爆投下から先月で69年の月日が経ち、来年はちょうど70年の節目を迎えることになる。改めて、原爆で亡くなられたすべての方々に心から哀悼の意を捧げるとともに、今なお被爆の後遺症に苦しんでいる皆さんに、心からのお見舞いを申し上げる。

 私たち連合は、毎年8月に広島・長崎で平和行動を展開している。とりわけ今年は5年おきに開かれる核兵器不拡散条約(NPT)再検討会議を来年4月に控え、その取組みに向けた意思統一の場でもあった。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年9月15日第2985号5面

あわせて読みたい

ページトップ