【ぶれい考】課題多い「均衡処遇」/阿部 正浩

2015.12.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今年2月から連載してきた私のコラムも今回が最後となった。他にも書きたいことは沢山あったが、いろいろな制約があって断念した。この間、「労働新聞で読みました」と声をかけられることもしばしばで、少し恥ずかしい思いもした。お付合いいただいた読者の皆さん、ありがとうございました。

 さて、最後のコラムで思い切って取り上げるのは、…

筆者:中央大学経済学部 教授 阿部 正浩

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年12月7日第3043号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ