【ぶれい考】健全な批判なき中でのポピュリズム―“民主主義の危機”/新谷 信幸

2016.01.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 年頭から大仰なタイトルで恐縮だが、私自身の中で今、日本の民主主義が危ない、という思いが強くなっている。

 年末に放送されたNHKの「新・映像の世紀 時代は独裁者を求めた」を観て考えさせられたこともあるが、安倍政権の一連の動きとこの間のマスコミ報道のあり方を重ね合わせてみると、戦後70年の中でも今、民主主義の大きな危機がひたひたと迫っているように思う。

 3年前の安倍政権発足の高揚感の中で打ち上げた「三本の矢」とか「アベノミクス」と喧伝された政策は、確かに、円安・株価上昇を実現したが、経済成長率は低迷が続きデフレは克服できず、結局、期待されたほどの政策効果は発揮していない。…

筆者:連合 副事務局長 新谷 信幸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年1月18日第3049号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ