【ぶれい考】情けは誰のため/山本 和代

2017.10.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「情けは人のためならず」を「情けをかけることは結局その人のためにならないからすべきではない」と間違った意味で使っている人がいるとか。

 お盆の帰省の新幹線。自由席の1つくらい空いていると思ったのが間違いだった。すし詰めとはこのこと。入り口の壁際にようやく立つ場所確保。乗れただけでありがたいと思うことにした。あと30分程で着くというころ、立っていた若者が倒れた。…

筆者:連合 副事務局長 山本 和代

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年10月23日第3133号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ