【ぶれい考】日本間と洋間みたい/諏訪 康雄

2018.11.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本の伝統的なオフィスは大部屋、そこへ課や係ごとに社員の仕事机を、田の字形を基本に配置し、上司が部下たちを一望のもとに眺められるような位置に机を置く。

 各人の机は、日々のオフィス生活の場となる。机上で書類仕事やパソコン操作をし、昼には弁当を食べ、時には同僚と雑談したり、居眠りしたりもする。まるで日本間みたいに多様な使われ方だ。欧米のオフィスでは、個室や仕切りが多く、あちこちに会議スペースや休憩場所を設けていたり、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年11月5日第3183号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ