【人材不足時代の最新採用術】第3回 偶然の出会いをつくる 飲食イベントなど活用 企業側も冒険心持って/中野 尚範

2017.06.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 計画的偶発性理論をご存じだろうか。「キャリアの8割は偶然の出会いによって決定される」という考え方で、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が20世紀末に提唱したキャリア形成理論である。教授が行った米国の社会人に対する調査では18歳の時になりたいと思った職業に就いている人は、わずか2%にすぎない。キャリア形成を行うためには、偶然の出会いを避けるのではなく、…

筆者:㈱アドヴァンテージ 代表 中野 尚範

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年6月19日第3117号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ