【ぶれい考】労働基準法施行70年に思う/逢見 直人

2017.06.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今年は、労働基準法制定70年という節目の年に当たる。1947年4月7日に施行され、これに先立つ46年3月1日に労働組合法(旧法)が施行されている。翼賛体制下の戦時中は労組は解散を余儀なくされたが、ポツダム宣言を受諾し敗戦を迎えた2カ月後の10月15日には治安維持法が廃止。その頃にはすでに労働組合運動の再建の動きが始まっており、45年12月には労組法公布というスピード感だった。…

筆者:連合 事務局長 逢見 直人

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年6月19日第3117号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ