【がんと就労 両立支援の具体策】第10回 産業医の活用 実務豊富な人材を 漫然と契約する企業多い/遠藤 源樹

2017.06.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

忘れがちな質への評価

 労働人口が半減化する日本。特に中小企業では、労働者の募集をしても、人材がなかなか集まりにくい状況で、女性、シニア、外国人の労働者が働いていかないと、日本国内で活動する企業は成り立たなくなる時代になるだろう。

 そのため、病気で治療を受けながらも、「それなりに」働いていくことの重要性が増していく。がんなどの疾患を持ちながらも、それなりに働ける「ベテラン社員」を活用しようとする、「疾病と就労の両立支援」は、企業の人事実務において、必須課題の1つだ。…

筆者:東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学 第二講座 助教 遠藤 源樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月12日第3116号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ