【がんと就労 両立支援の具体策】第18回 事例性と疾病性 具体的事実は記録を 「日頃とのズレ」把握へ/遠藤 源樹

2017.08.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

放置すれば職場を乱す

 管理職の仕事は、「ひと」と「しごと」のマネジメントである。組織で取り組む仕事の結果であるアウトプットを最大化し、生産性を少しでも改善するなどの「しごと」のマネジメントと、部下の労務管理や人員配置などを指す「ひと」のマネジメントだ。

 部下を過重労働させ安全配慮義務違反に問われる――後者を疎かにすることでそういったリスクを高めることに気付いていない管理職もいる。こういった管理職では治療と就労の両立支援は上手くいくはずもない。「ひと」のマネジメントを大切にしている企業風土があるかどうかが重要になってくるのだ。

 ここで、今週のテーマである「事例性」と「疾病性」について説明する。…

筆者:東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学 第二講座 助教 遠藤 源樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月14日第3124号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ