【がんと就労 両立支援の具体策】第23回 社内外の支援者 病院との橋渡しを 衛生管理者が重責担う/遠藤 源樹

2017.09.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

中小は社労士の活用を

 がん治療と就労の両立支援をしていくうえで、主治医や病院の看護師が果たすべき役割が大事なことは当たり前だが、キーパーソンとなるのは企業の経営者もしくは総務人事担当者である。

 しかし、実務を進めていくなかでは、その企業の「利害関係の空気を吸っている職種」である産業医、衛生管理者、社会保険労務士、産業看護職もまたキーパーソンであり、活用することが望ましい(別掲)。

 産業医は、「企業の良き相談役」となって両立支援を進めていくべき存在だ。焦点となるのが、利害関係の調整を行えるかどうかである。この点において実際のところは、両立支援に積極的でない産業医も少なくないため、…

筆者:東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学 第二講座 助教 遠藤 源樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月18日第3129号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ