【がんと就労 両立支援の具体策】第4回 種別の病休・復職調査(1) 最多は「胃」で2割超 肺や結腸・直腸も多い/遠藤 源樹

2017.04.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

データなく備えが困難

 今回から、筆者が日本で初めて行ったがん種別の病休・復職に関する追跡調査結果について話していきたい。

 精密検査の結果がんと診断された場合、がんの種類・ステージを考慮しながら、主治医と治療方針を決めていく。それが決まると、休職期間がある程度推測できる。

 図1のように、治療で仕事を休まざるを得ないケースでは、年次有給休暇等で対応可能な「Aパターン」と、年休等で対応できない長期療養を要する「Bパターン」に分かれる。…

筆者:東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学 第二講座 助教 遠藤 源樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月24日第3110号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ