【がんと就労 両立支援の具体策】第7回 種別の病休・復職調査(4) 離職率はわずか3% 制度整えれば両立可能/遠藤 源樹

2017.05.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

復職を決める“4因子”

 「がんは慢性疾患になりつつある」などという専門家がいる。私は、これに対して違和感と強い怒りを感じる。

 がんは依然として、生きるために闘わなければならない病であることに変わりない。

 現在、日本人の死亡原因の第1位であることは、紛れもない事実だ。しかし、がんによって亡くなることが「1年以内に起こる」確率は、医療の発展によって、かなり減少した。筆者の研究結果によれば、がんと診断されて療養した方のうち、1年以内に亡くなった方は全体の10%だった。現代の医療では、…

筆者:東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学 第二講座 助教 遠藤 源樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月22日第3113号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ