【がんと就労 両立支援の具体策】第5回 種別の病休・復職調査(2) 半年超は身分保証を フル復帰に平均200日/遠藤 源樹

2017.05.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「12人に1人」は乳がん

 前回に引き続き、がん種別の病休・復職に関する大規模追跡調査について話を進めていく。追跡対象者は、がん治療による療養期間が一般的に年次有給休暇では足りなくなる1カ月以上で、医師の診断書で病休と認められた大企業の正社員1278人だ。内訳は、男性が1033人、女性が245人だった。

 労働者が、治療によって仕事を休まざるを得なくなるがん種は何か? 表1をご覧いただきたい。…

筆者:東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学 第二講座 助教 遠藤 源樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月1日第3111号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ