【がんと就労 両立支援の具体策】第17回 復職後の対応 「求める配慮」尋ねる 対応は期間限定がベター/遠藤 源樹

2017.07.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

上司と定期的に面談を

 会社が、がん罹患社員本人に対してすべき対応やアドバイスは以下の6つだ。

① 安定した勤務が第一であることを、上司や総務人事担当者、産業医などから本人に伝える

 がん罹患社員は、治療などで長く職場を離れていたことに対する「後ろめたさ」から、復職後は一生懸命働いて、休んだ分を取り戻そうとすることが多い。本人は、「今までお休みしていたので、できる限り頑張ります」などと、原職場復帰に対してアピールしてくるかもしれない。しかし開腹手術や抗がん剤治療を受けた者の多くは、「何とか職場まで通勤して、フルタイムで働かないと」と気負っているケースが少なくない。

 なぜ、がん罹患社員は、本音を会社の人間に伝えるのを躊躇うのか?…

筆者:東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学 第二講座 助教 遠藤 源樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月7日第3123号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ