【開始(2018/4/1)直前 無期転換への羅針盤~重要性増す均衡処遇を視野に~】第15回 均衡処遇① 総論/倉重 公太朗

2017.04.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

今回からは、同一労働同一賃金と切り離せない均衡処遇の解説に入る。まずは「総論」だが、一口に均衡処遇といっても「誰」と「誰」、「何」と「何」を比べるのかなど、多くの論点が存在することがお分かりいただけると思う。昨年来、関連判決が出されているが、最高裁での確定判決には依然至っていない。今後の法改正の動向に注視すべきだという。

比較対象は誰(何)か 確定した判決も未だなし

◆一定幅を許容する“均衡”

 今回からは、働き方改革の一環で「同一労働同一賃金ガイドライン案」などが発出され、裁判例も含めて問題となっている、正規・非正規の待遇差に関する同一労働同一賃金、均衡処遇について述べる。なぜ無期転換の連載で取り上げるかといえば、均衡処遇の問題は、無期転換前の契約社員についての問題であり、…

筆者:安西法律事務所 弁護士 倉重 公太朗

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月24日第3110号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ