【開始(2018/4/1)直前 無期転換への羅針盤~重要性増す均衡処遇を視野に~】第12回 就業規則記載事項の留意点①/倉重 公太朗

2017.04.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「無期化の類型」を個々にみてきた前回までに続き、それぞれの就業規則の規定法を今回と次回で解説いただく。完全な正規化なら問題ないが、無期転換後に正社員の就業規則が適用されると主張されるのを避けるには、無期転換社員の規定を独立させることがまずは重要とする。無用なトラブルを極力回避する先見性が必要だ。

独立の規定を設けて 正社員とは明確に区分

◆30年3月が作成リミット

 これまで、無期転換者の活用について述べてきた。無期転換者就業規則の作成は、各種活用形態に応じて作成することが必要であるが、今回はそれらに共通して必要となる就業規則上の規定方法について述べる。…

筆者:安西法律事務所 弁護士 倉重 公太朗

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月3日第3107号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ