【“過労死ゼロ”を実現するために】第4回 過労死等の防止のための対策に関する大綱 約3年間の対策示す 昨年7月に閣議決定

2016.02.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回は、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の概要について説明したい。

 過労死等防止対策推進法では、政府は、過労死等の防止対策を効果的に推進するため、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」を定めなければならないと規定されている。これに基づき、厚生労働省では、一昨年12月から昨年5月にかけて5回にわたり「過労死等防止対策推進協議会」を開催し、大綱案をとりまとめた。その後、パブリックコメントの手続きを経て、昨年7月24日に大綱が閣議決定された。

 「過労死等の防止のための対策に関する大綱」では、過労死等防止対策推進法に基づき、①調査研究等、②啓発、③相談体制の整備等、④民間団体の活動に対する支援の4つの対策を効果的に推進するため、今後おおむね3年間での取組みについて定めている。

 その概要は、以下のとおりである。…

筆者:厚生労働省労働基準局

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月1日第3051号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ