【“過労死ゼロ”を実現するために】第15回 パワハラの予防・解決 個別紛争の相談で最多 28年度は全国でセミナー

2016.04.25 【労働新聞】

前回は、メンタルヘルスケアに関する周知・啓発について解説したが、今回はパワーハラスメントの予防・解決について解説する。

1 パワハラの現状

 全国の労働局等に設置されている総合労働相談コーナーでは、民事上の個別労働紛争に係る相談に応じているが、「いじめ・嫌がらせ」に係る相談件数は増加している。

 平成26年度、民事上の個別労働紛争に係る相談は、238806件受け付けたが、そのうち、パワハラに関する相談も含まれる「いじめ・嫌がらせ」に関する相談受付件数は、62191件(21.4%)であり、相談内容として最多となった…

筆者:厚生労働省労働基準局

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年4月25日第3062号11面

あわせて読みたい

ページトップ