【”過労死ゼロ”を実現するために】第11回 国民に向けた周知啓発 周囲の「支え」が有効 多様な周知啓発を実施

2016.03.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 前回まで、2回にわたって調査研究等について説明したが、今回から啓発について説明していきたい。まず、啓発の基本的な考え方と、啓発のうち、国民に向けた周知啓発について説明する。

1 啓発の基本的考え方

 過労死等には、労働時間や職場環境だけでなく、その背景となる企業の経営状況や様ざまな商取引上の慣行のほか、睡眠を含めた生活時間等、様ざまな要因が関係している。また、過労死等を防止するためには、職場のみでなく、職場以外においても、周囲の「支え」が有効であることが少なくない。…

筆者:厚生労働省労働基準局

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月28日第3058号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ